いざという時に大事

東日本大震災が襲って以来、災害時の備えが重要視されるようになった。
もちろん震災が襲わなくても備えをしておくのは大事なのだが、国民全員がしっかりとした備えをしておけば、他人を助けるために苦労をすることも少なくなり、災害時にあっても余裕が出来る。
とはいえ、防災用品を一通り揃えたところで災害が襲った時には役に立たないこともある。
乾パンや缶詰などの非常食、コンロや炭などの調理器具、懐中電灯や太陽光を使った電化製品、どれをとっても欠かせないが、あれもこれも、と詰め込むあまり、持ちきれなくなってしまう、となってはまずい。
だからこそ、シミュレーションが大事なのだ。
いったい自分はどれくらい避難生活を送るのだろうか、家族全員でどれだけの荷物を持てるだろうか、そういう想定をした上で、防災用品を揃えておこう。
いざという時に手元になくて困る、というのも考えものだが、いざという時に邪魔になって困る、というのも考えものだ。

http://www.fx-kingnavi.net/kki/